[ 髪の毛の基礎知識 ]

なんで髪の毛が抜けるの・・・薄毛やハゲになる原因を教えて!

年齢を重ねる毎に髪の毛が細くなってきて薄毛になって悩んでいる男性は大勢います。

誰も好き好んで薄毛やハゲになっているわけではありません。

なぜ薄毛やハゲになってしまうのでしょうか?

疑問

AGAが薄毛の主な原因です

薄毛やハゲになる原因はいくつか考えられますが、その中でも一番多いのがAGAですね。

AGAとは男性型脱毛症のことを指します。男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと呼ばれている酵素と結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)という物質を生成します。

DHTは髪の毛のヘアサイクルを乱れさせる働きがあります。ヘアサイクルが乱れることで髪の毛が正常に育たなくなるのです。

具体的にはヘアサイクルにおける成長期の段階が短くなります。成長期が短い髪の毛は太くて丈夫な髪の毛に成長しません。

細い髪の毛が多くなり、本数自体も少なくなるのです。この流れがAGAの主な症状です。

AGAを発症すると簡単には元に戻りません。何もせずに放っておくと症状が進行していくのでできるだけ早期に薄毛治療を始めることをおすすめします。

日頃の喫煙も影響を及ぼします

AGA以外の薄毛の原因としては喫煙が挙げられます。

タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンを体内に摂取すると自律神経に刺激を与えて血管を収縮させます。

血管の収縮が慢性的に起こることで血行不良を起こします。髪の毛は他の身体の部位と同様に血液から栄養を吸収します。

つまり血行不良を起こすことで髪の毛に必要な栄養が送られなくなるのです。その結果、丈夫な髪の毛が育たなくなります。

また、アメリカのハーバード大学の研究ではタバコを吸わない人よりも日頃から喫煙する習慣のある人の方が薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌量が多くなるという結果が出ました。

睡眠不足も要注意

その他には睡眠も髪の毛の成長には欠かせません。髪の毛は寝ている時に成長します。

22時から翌日の2時までの時間帯を『髪の毛のゴールデンタイム』と呼ばれています。この時間帯に髪の毛が成長するのです。

できれば髪の毛のゴールデンタイムの時間帯にはぐっすりと寝ている状態が理想ですね。

また睡眠不足の状態が続くとストレスを抱えてしまいます。ストレスは身体のさまざまな箇所に悪影響を与えます。

できれば最低でも1日6時間の睡眠時間を確保するようにしてください。

育毛ケアを始めて下さい

薄毛やハゲが気になり始めたら育毛ケアをスタートさせましょう。

そのまま放っておいても改善することはありません。育毛ケアとして代表的な商品は育毛剤ですね。

国内でもさまざまなタイプの育毛剤が登場しています。店頭で購入するのが恥ずかしいのであればネット通販で購入することもできます。

ネット通販で購入できる育毛剤の中には購入者のプライバシーに配慮して、無地のパッケージで梱包してくれる商品もあります。

家族と一緒に住んでいてもあなたが育毛剤を購入したことが気付かれることはありません。

当サイトでもおすすめの育毛剤を紹介しているので、興味がある方は一度参考にしてみてください。

daisakusen

コメントを送信する

あなたのメールアドレスは公開されません。