[ 育毛ケア商品 ]

プロペシアの薄毛治療の効果と気になる副作用とは・・・

プロペシアはAGA治療でよく使用される医薬品です。

薄毛治療や育毛関連のウェブサイトでもプロペシアを使用することを勧めていることが多いですね。

実際にプロペシアにはどのような作用があるのかを詳しく見ていきましょう。

プロペシア

ジヒドロテストステロンの生成を抑えます

プロペシアは内服薬です。フィナステリドという成分が主成分となっています。

体内に摂取することでAGAの原因となるジヒドロテストステロンの分泌を抑える働きがあります。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンを生成します。

このジヒドロテストステロンが悪さをしてヘアサイクルを乱すのです。

プロペシアを服用することでジヒドロテストステロンの生成を抑えて正常なヘアサイクルを維持します。

副作用の恐れもあります

プロペシアは医薬品なので、医師の処方箋がないと購入することができません。

なぜかというと、薄毛治療に効果があるだけでなく、副作用の心配があるためです。

プロペシアに含まれるフィナステリドには副作用を起こす恐れがあります。

==引用==
日本国内の臨床試験において、1mgのプロペシアを服用した場合に、被験者の6%程度の割合が胃部不快感、性欲減退などが認められました。

プロペシアの販売元であるMSDから、「プロペシア錠を服用することで、肝機能障害が起こる可能性もある」と副作用の項目が新たに追加されました。

出典:プロペシアの主成分!フィナステリドの薄毛治療の効果と気になる副作用とは?

そのため、医師から診察を受けて問題がないと認められた方のみが使用できる仕組みになっています。

個人輸入サイトでの購入は危険です

インターネット上ではプロペシアを購入できる個人輸入サイトが存在します。

医師の診察を受けずに購入することができるため、個人輸入サイトでプロペシアを購入する方も少なからず存在します。

しかし、これらの個人輸入サイトで購入することは控えて下さい。正式なルートで取引されている保証はどこにもありません。

個人輸入サイトで販売されているプロペシアの中には偽物や粗悪品が存在します。

単に薄毛が改善できないだけでなく、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

あなたの健康のためにも必ず医師の診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

ミノキシジルとの併用が効果的

上述しているように、プロペシアはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。

簡単に説明すると抜け毛を防ぐことを目的とした医薬品です。つまり抜けてしまった毛を再び生やす効果はそれほど期待できません。

そこでミノキシジルの医薬品を併用することをおすすめします。ミノキシジルは髪の毛を生やすことを目的としている医薬品です。

抜け毛を防ぐプロペシアと髪の毛を生やすミノキシジルを併用することによる相乗効果によって、薄毛が改善する可能性が高くなります。

実際のAGA治療でもプロペシアとミノキシジルを併用して治療するケースが多いです。

保険適用外の医薬品です

プロペシアは確かに薄毛治療に効果のある医薬品ですが、保険適用外となっているため、ある程度のお金がかかります。

クリニックによっても多少料金が異なりますが、1ヶ月分で7,000円~8,000円程度の費用がかかります。

またミノキシジルと併用すれば1ヶ月に15,000円程度の金額がかかることになります。

つまりAGAクリニックで薄毛治療を検討する場合は毎月2万円弱の金額が必要になることを覚えておいて下さい。

1年程度来院しなければいけないので、年間25万円程度の出費となります。

髪の毛は生える時代になりました。ある程度まとまったお金は必要ですが、諦めずにAGA治療にチャレンジして下さい。

きっと髪の毛が生えてきますよ!

daisakusen

コメントを送信する

あなたのメールアドレスは公開されません。